精神科に行くのはこういうとき

気分の変調が精神科受診のポイント

基本的にメンタル面で受診するのは、心療内科と精神科です。そこまでは分かっていても、いざ受診をしようと思うと、自分の状態はどちらの科を受診するべきなのか、迷ってしまいますよね。実はうつ病を専門としているのは、精神科です。専門的な言葉を使えば、「双極性障害(躁うつ病)」や「パーソナリティ障害」「総合失調症」や「発達障害」などを専門としています。心療内科が「自律神経失調症」や「気管支喘息」などを専門としているので、なんとなくその違いがお分かりになるかもしれません。 これを分かりやすく説明すると、気分が優れない、気持ちの変調があるなどがある場合は精神科、体調に変調がある場合は心療内科となります。 では、実際にどういう状態の時に精神科を受診するべきなのでしょうか。

こんな症状があったら迷わず精神科を受診しましょう

自分の状態を振り返ってみましょう。もし、ひどく落ち込むこともあれば、妙にハイテンションになってしまう事がある場合は精神科を受診するべきでしょう。この状態が繰り返されるようならなおさらです。そして、度々自殺することで頭がいっぱいになってしまう事がある、または、死にたいと思ったことがある場合も、迷わず精神科を受診しましょう。また、実際にはないことを聞いてしまう見てしまう、つまり幻聴や幻覚がある場合も同様です。自分自身の気持ちを抑える事が出来ず、他人を必要以上に攻撃してしまい、後から深く後悔をしてしまう方も、精神科の受診をお勧めします。
そのままの状態が続くと、体調にも大きな変化をもたらします。迷わず早めの受診をすることをお勧めします。