間違えやすい神経内科

間違われやすい神経内科とは?

「神経内科」という診療科を知っていますか?よく精神を診てもらうための心療内科や精神科と、混同される方も多いでしょう。精神科は元々、精神神経科や神経科と言われたため、神経内科も同類と勘違いされてしまうようです。神経内科は、主に神経系の病気をみる内科です。音声・運動・反射などを指令する中枢神経や、脳の命令を手足に伝えたり、目や耳や皮膚で得た刺激を脳に伝えるといった働きをする末梢神経などの治療をします。ですので、精神とは全く関係ありませんのでご注意くださいね。また、神経内科の由来としては、神経内科を意味する英語「neurology」を訳すると、神経科になるのですが精神科が神経科と名乗っていたため、神経内科となりました。

神経内科ではどのような病気を治療をするのか?

代表的な神経内科で治療する疾患としては、脳卒中・パーキンソン病・てんかん・認知症などの脳や脊髄の病気があります。ほかには、神経痛・多発神経炎・ギラン・バレー症候群などの筋肉の末梢神経の病気、多発性筋炎・筋ジストロフィー・重症筋無力症などの筋肉の病気など。軽い症状としては、頭痛・自律神経失調症・不眠症なども含まれます。近年では、睡眠時無呼吸症候群の治療で神経内科を受診する方が増えているとのこと。このように神経内科では、主に脳・脊髄・神経・筋肉を中心に治療します。脳・脊髄・神経・筋肉になんらかの異常が見受けられ、身体を自由に動かせない場合に治療を行う科と考えておけば、心療内科や精神科と間違うことはないでしょう。